肋間神経痛 症状 治癒期間

肋間神経痛の症状の治癒期間ってどういう意味?

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状が治癒するというのは痛みや傷が完全に治ることを意味します。
つまり完治と同じことを意味します。
厳密に言うと完全に治るという治癒するということは不可能なことです。

 

 

【治癒の医学用語的理解】
ここでは治癒の意味を考えます。
医学的用語に寛解という言葉があります。
これは永続的か一時的かは問わず病気による症状が好転またはほぼ消失した状態を意味します。
つまり一般的な意味での完治でなくても問題のない程度にまで状態がよくなることを寛解とみなすとあります。
まさしく肋間神経痛が治癒するという治癒期間はこの寛解の問題のない程度にまで状態がよくなると理解することがきます。

 

 

【問題のない状態にまで好転する】
実際に肋間神経痛の症状が発症すると痛みを患い辛い時間を過ごすことになります。
この症状が治る治癒期間とは問題のない状態にまで好転することなので痛みや苦痛から解放されることを意味します。

 

 

【原発性肋間神経痛】
肋間神経痛の発症の原因には原因が特定されにくく不明確な原発性と明らかに原因が特定できる続発性の2つに分けることができます。
原発性の場合精神的なストレスが深く関わっていることが多く心の緊張が体の緊張に直結して症状に現れることが多いので原発性肋間神経痛の治癒期間というのは個人のストレスの状態にかかる比重が大きくなります。
したがって明確な治癒期間を定めることは難しいとされています。

 

スポンサーリンク

 

【ストレスを受け入れる】
十分な睡眠と休息を取ることで回復するケースが多くリラックスできる環境を整えることで治癒に繋がることもあります。
現実的にはストレスを切り離して生活することは難しいのでストレスを上手く受け入れる方法を見つけることが治癒期間を早めることになります。

 

 

【続発性肋間神経痛】
続発性肋間神経痛は事故の後遺症や骨折、椎間板ヘルニア、帯状疱疹など明らかな原因が特定されている症状です。
続発性肋間神経痛は末梢神経や脊髄の知覚神経障害によって起こるといわれています。

 

したがって原因が特定されていますので治癒期間もある程度見定めることも可能です。
しかし発症原因となっている怪我や病気の治り具合にかかっているので原因の症状との治り具合の関係で治癒期間は見えてきます。

 

最終的に神経症や内科的症状は再発の可能性をもっているので完全に治るという治癒は現実的に困難なので問題のない状態にまで好転することと言えるのです。

スポンサーリンク