肋間神経痛 症状 完治期間

肋間神経痛の症状の完治期間はどれくらいなのか?

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状が治る完治期間というのは明確にできるものはありません。
その理由に原発性肋間神経痛のようなストレス性が原因で発症するメカニズムが明確にされていないからである。

 

 

【原因によって完治期間は変わる】
肋間神経痛を患うと突発的な痛みに襲われる症状が現れることがあります。
この発症の原因も人それぞれで多くはストレスが原因で神経が圧迫されて痛みが生じると言われています。
この肋間神経痛の完治期間はどれくらいなのかというのはストレスの内容によって変わってきます。

 

結論を先に言えば肋間神経痛の症状が完治するということはありません。
つまりこれは頭痛や腹痛と同じように痛みが治ったと思っても状況や条件が揃えばいつでも発症する可能性があるということです。

 

 

【ストレスと上手く付き合うこと】
ストレスが原因で症状が現れる場合は主に生活習慣の中でストレスが蓄積されています。
事実ストレスなしの生活を送り続けることはあり得ません。
肋間神経痛の完治期間はこのストレスとどう上手く付き合えるかで短くなっていきます。
しかし症状が発症すれば痛みを取り除くための具体的な治療を施す必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【主な筋肉を和らげる】
ストレスからの緊張感で筋肉が硬くなり神経を圧迫することで症状が発症します。
その主な筋肉が脊柱起立筋、僧帽筋、菱形筋と言われる筋肉です。
この筋肉は肋間神経痛を鎮める交感神経を和らげるツボが多くあると言われています。
筋肉を緩めることで痛みを解消、軽減することができます。
ここにかかる期間が完治期間となります。

 

 

【続発性が要因の場合】
その他ストレスなどが原因の原発性ではなく、事故や怪我持病などが要因となる続発性の場合があり、骨折が原因の症状であれば骨折が治る期間が完治期間となります。
ただし個人の体の疲労や免疫の低下具合で状況は変わってくるので、おおよそ1ヶ月から3ヶ月くらいが平均の期間です。
帯状疱疹が原因で症状が発症する人もいますがこの場合発疹が出てくるピークが2週間程度なので肋間神経痛も2週間で治るのでこの場合完治期間は2週間程度となります。

 

肋間神経痛の完治期間は発症の原因や症状によって違うので明確に定めることはできません。
しかし自らがしっかりと治す意思をもって取り組めば完治期間は短縮することも可能です。

スポンサーリンク