肋間神経痛 効果のある食べ物

肋間神経痛に効果のある食べ物とはどのようなものか?

スポンサーリンク

肋間神経痛は突発的に前触れなく痛みが襲ってくる症状がほとんどです。
しかしその症状には原因があります。
その要因が生活習慣で食生活がその要因の一つでもあります。

 

 

【乱れたライフスタイル】
肋間神経痛が発症する原因にライフスタイルの影響は否めません。
長時間同じ姿勢で過ごしたり、不規則な生活リズム、運動不足などありますが食事の影響も否定することはできません。

 

 

【体を冷やすと発症しやすくなる】
肋間神経痛は神経に障害が起きて現れる症状です。
特に筋肉が神経を圧迫することが多くその場合血行の流れが悪くなったりすることがあります。
筋肉が硬くなり血行が悪くなる要因に体を冷やすということが考えられます。
したがって肋間神経痛を予防、改善していくためには体を冷やさない効果のある食べ物を食べることを心がける必要があります。

 

 

【発症する飲食の原因】
肋間神経痛が起こりやすい飲食の原因として動物性蛋白質、白砂糖、酸性食品の摂りすぎなどがあります。
肋間神経痛は体を冷やすと発症しやすくなるので体を冷やす食べ物はできるだけ避けたほうがいいのです。

 

スポンサーリンク

 

【体を冷やす食べ物】
体を冷やす野菜は主に夏が旬の野菜、地の上にできる野菜、白、青、緑色の野菜で、きゅうり、セロリ、レタス、ゴーヤなどです。
調味料も白砂糖、マヨネーズなど、魚類もうなぎ、はも、ウニなどになります。
飲み物も冷えたビールやサワー、コーヒーやカフェイン添加の飲み物も体を冷やすのです。

 

 

【効果のある食べ物】
体を冷やす食べ物が肋間神経痛の発症に影響を与えたように良い効果のある食べ物も必ずあります。
効果のある食べ物は主に体を温める食べ物です。
効果のある食べ物は主に冬が旬の野菜、地面の下のできる野菜、黒、オレンジ色の野菜で生姜、ネギ、ニンニク、ごぼう、人参などで、調味料は塩、醤油、味噌、黒砂糖など、魚類はさんま、イワシ、さば、マグロなどになります。

 

飲み物も生姜紅茶や生姜茶など血行促進によく体を温めてくれます。
肋間神経痛に効果のある食べ物と言われているビタミンB12は神経細胞の修復を行い、血液をサラサラにする効果のある食べ物としてオメガ3系脂肪酸が含まれる青魚類が挙げられます。

 

食生活も大きな影響を与えることを考えればより効果のある食食べ物をしっかり食べることで肋間神経痛を予防、改善することができるようになります。

スポンサーリンク