肋間神経痛 症状 横になれない 対処法

肋間神経痛の症状で横になれない時の対処法

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状が出て体に痛みを発症する原因は様々です。
その痛みが横になれないほどの症状となればそれは本当に辛いものです。
その場合の対処法としてどのようなことをすればいいのしょうか?

 

【肋間神経痛の現れ方】
肋間神経痛の症状は瞬間的あったり、数秒から数分続いたりと様々ではありますが突然予期せぬ状態で痛みが出る場合や咳、くしゃみ、体を動かした時に痛みを感じるなどがあります。
これらの痛みがわからなくなることもありますが、横になれないくらいの痛みになることもあります。

 

 

【まずは湿布を貼ってみる】
基本的に肋間神経痛の症状が発症した場合の対処法はまず安静にすることです。
しかし横になれないということは安静にすることができないので非常に辛い状況になります。
それでも何もしないわけにはいかないので、まずできる対処法は痛みを発しているところに湿布を貼ることです。

 

1時間ほど貼っていて様子を見ます。
肋間神経痛は神経の周りにある筋肉が固まって圧迫したり、炎症を起こして刺激を与えることが多いので湿布を貼ることで筋肉を和らげたり炎症を鎮めたりします。

 

 

【温かい飲み物や食べ物】
体が冷えることも肋間神経痛の要因で横になれないこともあるので対処法としてはスープやお茶など温かい食べ物や飲み物で体を温めることです。
そして体を温めるのに一番いいのが入浴です。

 

スポンサーリンク

 

【入浴の効果】
入浴には三大効果があり温熱効果と言って39?40℃のちょっとヌル目のお湯に20分から30分しっかりと入ることで体を温めることはもちろん精神的安静をもたらしてくれて鎮静、筋肉弛緩、血圧低下にもなります。

 

さらには浮力効果や水圧効果などもあり体の負担を軽減させながらも運動効果があったり肋間神経痛で横になれないストレスや体の緊張などから解放する対処法としては一番効果的と考えられます。

 

 

【最後は病院で注射を】
肋間神経痛の症状で横になれないのであれば反対に患部に負荷がかからない程度に体を動かしたり体操をしてみるのも一つの対処法です。
そうしても症状が改善せず痛みに耐えることができない状態が続くようであれば病院で神経ブロック注射を射ってもらうことで痛みを鎮静させる対処法となります。

 

肋間神経痛の症状で横になれないときの対処法は他にもありますが、発症の原因や状況は人によって異なるので一番合った対処法を見つけることが解決への道です。
わからない時は医師の指示を受けて間違った対処だけはしないよう気をつけることです。

スポンサーリンク