肋間神経痛 湿布の効果

肋間神経痛に湿布の効果はあるのか?

スポンサーリンク

肋間神経痛の痛みで悩んでいる人は一瞬でも早くその痛みから解放されたいものです。
しかし肋間神経痛の痛みの原因は特定が困難な症状ですが病院で肋間神経痛と診断されて処方されるほとんどが湿布薬です。

 

 

【湿布の効果はあるのか?】
肋間神経痛は肋骨に沿って走っている神経が何らかの障害を受けて痛みが生じる症状です。
しかしその根本的な痛みの原因が解明されていません。
肋間神経痛と診断されても原因が特定できないので大概は湿布を処方されます。
そしてその湿布の効果が出る人が少なくないという事実があります。

 

 

【痛みの原因との関係】
湿布を貼ることで気持ちが落ち着いて湿布の効果が現れる人がいます。
またドラックストアで市販されている湿布でも効果が出る人もいれば処方された湿布でも市販の湿布でも効果のでない人もいます。
これは肋間神経痛の痛みの原因が湿布の効果と合っていないということになりますので別の処方が必要になります。

 

 

【湿布の種類】
湿布には冷湿布と温湿布の2種類がありますが実はこの2種類の湿布の使い方を間違うと逆効果になり症状を悪化させることもあるので使い方をよく見極めることが大事になります。
湿布の効果が考えられるのは筋肉の弛緩や炎症の鎮静化などの効果です。
炎症・鎮静などに効果を発揮するのが冷湿布で疼痛、関節痛、筋肉や筋がひきつる痛みなどに効果があるのが温湿布です。

 

スポンサーリンク

 

湿布の使い分け】
痛みが発症して湿布を貼るわけですが患部に発熱や腫れがあり急性の炎症で痛みを発症している場合は炎症を鎮静化する冷湿布に効果があります。
また、体の冷えや筋肉の張りやコリからくる痛みの発症の場合は温湿布が効果的です。
これは結構の悪さが筋肉を硬直化させていることが多いので温湿布で血行をよくすることで神経の圧迫が弛緩され痛みが治まりやすくなります。

 

 

【湿布の貼り方】
冷湿布も温湿布も最初に1時間ほど貼ることで概ね痛みは治まります。
それでも治らない場合は湿布を一度は剥がして時間を空けてから貼り直して1時間ほど様子を見ます。
長時間お貼り過ぎには注意が必要で喘息の方や胃腸が極端に弱い方、妊婦の方は特に要注意です。

 

肋間神経痛の症状に湿布の効果は確かに期待できますが万能薬ではありません。
あくまでも鎮痛的な効果をもたらすだけなので湿布の効果だけに頼らず様々な対処方を考えておく必要はあります。

スポンサーリンク