肋間神経痛 症状 何科 診断

肋間神経痛の症状が出たとき何科の診断を受けるのか?

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状が発症するときは前触れなく突然襲ってきます。
痛みは単発的で我慢できないほどの痛みではないことも多くありますが決して気持ちのいいものではありません。
この場合何科で診断を受けるのがいいのでしょうか?

 

【まずは整形外科から】
肋間神経痛の症状が発症して大事なのは痛みを感じたとき何科で診てもらうかは経緯をしっかり把握することです。
肋間神経痛が発症した状況によって何科で診てもらうかが決まってきます。

 

肋間神経痛は原因が特定しにくい症状です。
痛みだけでは何科がいいのかわからないので一番いいのは総合病院にまず行って整形外科で診てもらうことです。
痛みが発症した経緯が何か重たいものを持ったとかどこかにぶつけたとか外傷的な原因があるときは整形外科になりますが、整形外科で最初に診てもらうのはレントゲンを撮ってもらえるからです。

 

 

【レントゲンを撮ってもらう】
肋間神経痛の症状が出る要因で変形性脊椎症のような背骨の変形が原因になっていることも多く、また骨折や怪我の後遺症で神経に影響があるなどもレントゲンでわかることもあるので対処法が見つけやすくなります。
しかし整形外科でもよくわからないことも多くありますので外傷的な原因がなければ内科で診断してもらいます。

 

スポンサーリンク

 

【内科の診断も大事】
痛みを感じた経緯もよくわからず突然症状が現れた場合などは内臓疾患から起きていることも多くあります。
そこで狭心症などの内科的な病気が見つかるかもしれないので内科で診てもらいます。
さらには肋間神経痛は神経からくる症状なので神経内科で診断してもらうこともお勧めします。

 

 

【ストレスが原因の場合】
ストレスなどの心因的な要素から肋間神経痛の症状がでる場合もあります。
整形外科などで原因がわからない場合、精神的なストレスなどが原因で発症することも多いので心療内科でカウンセリングをしてもらうとよくなることもあります。

 

 

【皮膚に症状が現れる】
帯状疱疹などで水疱がでたり、ウィルスの感染症が原因である場合何科で診てもらうかと言うとまずは内科で診断をうけ、状況によっては皮膚科または心療内科で診断を受けるようになります。

 

何科で診断をしてもらえばいいかわからないときは整形外科、内科が揃っている総合病院に行くことです。
何科に行ったらいいのかわからないからと言って自己診断をするのが一番してはいけないことなで必ず診断を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク