肋間神経痛 なりやすい年齢

肋間神経痛になりやすい年齢はあるのか?

スポンサーリンク

肋間神経痛は神経に障害が起こって痛みが生じます。
発症する原因には病気や外傷からくる症候性と原因が特定できない特発性の両方があることから環境や条件が整うと肋間神経痛になりやすい年齢に関係なく発症すると言えます。

 

 

【神経痛は中高年層の症状】
神経に強い刺激を受けて生じる症状なので神経痛と言われます。
神経痛と聞けば中高年層の症状と思われています。
確かに神経痛になりやすい年齢は統計的に見ても50から60代がなりやすい年齢であることは否めません。

 

 

【中高年女性に多いホルモンバランスの崩れ】
長い生活習慣の蓄積された結果生じる身体の歪みや筋肉疲労、加齢による免疫の低下などは神経に障害を与えることになります。
男女の比率に大きな差はありませんが中高年女性に発症する要因に多いのが、更年期を迎えることでおこる骨粗鬆症とホルモンバランスが崩れ自律神経が不安定になり更年期障害が重ねることで肋間神経痛が発症することが多くあります。

 

 

【若い世代の現象】
ネットや通信機器が発達することで多くの人がパソコンやスマホ、ゲームを自由に扱える時代になったことで長時間パソコンやスマホ、ゲームをすることが多くなったため、20代や30代にも肋間神経痛が発症することも多くなっています。

 

スポンサーリンク

 

 

【ストレスの影響】
肋間神経痛になりやすい年齢が50代から60代の年齢層ではありますが今のストレス社会を考えたときに様々な状況で強いストレスを受け、責任ある立場で緊張感が続く生活習慣の中でストレスが原因で発症することも多くあります。
また妊娠、出産を終えた女性が出産後のホルモンバランスの崩れにより精神的不安定になりストレスを強く感じるようになって発症するなど30代から40代も肋間神経痛になりやすい年齢として増えてきています。

 

 

【生活習慣の変化】
肋間神経痛になりやすい年齢の50代以上の年齢は持っている病気の関係で発症することが多いのですが、若い世代も含めて生活習慣や食生活が変化している影響は大きく、肋間神経痛になりやすい年齢に至っていない年代でも確実に発症は増えています。

 

肋間神経痛になりやすい年齢はもちろんあります。
しかしその症状は外的な要因で発症するだけでなくストレスなどの心因性の要因もあります。
その場合年齢に関係なく発症するということの理解が必要です。

スポンサーリンク