肋間神経痛 症状 寝れない 対処法

肋間神経痛の症状で寝れない時の対処法

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状は突然襲ってくることがあります。
時には夜、寝れないほどの痛みに悩まされることもあり、それがストレスで寝れない悪循環が起こります。
肋間神経痛で寝れない時の対処法はあるのでしょうか?

 

【症状も違えば対処法も違う】
肋間神経痛の症状が発症する時夜も寝れないくらいの痛みとその不安に襲われることがあります。
短期間でまた簡単な対処法で解決することもあれば何年も症状が続くこともあります。

 

 

【食事と睡眠の改善】
肋間神経痛の症状が出た時の一番の対処法は安静にすることです。
怪我や病気などの外因性のものから生活習慣から起こるものそしてストレスが原因になることも多くあります。
鎮痛薬や湿布などで対処できることもありますが、夜も寝れないくらいの場合は生活習慣を根本的に見直す必要もあります。
一番は食事と睡眠の改善です。

 

 

【リラックス状態をつくる】
ストレスが原因で肋間神経痛の症状が出ることが多いので寝れない時の対処法として寝る前に意識的にリラックスできる時間や環境を作ることです。
ストレスや疲れは溜めずにできるだけその日のうちに解消することです。
そしてストレスと冷えには深い相関関係があるので、寝る前には体を温めることを意識して入浴などをしっかりすることです。
体を温めることで肋間神経痛そのものにも効果があり寝れない時の対処法にもなります。

 

スポンサーリンク

 

【意識をした呼吸方法】
ストレスが溜まってきたり、肋間神経痛の症状が出てくると呼吸が浅くなって息苦しさや寝苦しさを感じて寝れないということが起こります。
したがって寝る前に意識して深呼吸をして呼吸を整えることも対処法の一つです。
最近はヨガなどが流行っていますのでマインドフルネス(瞑想)や腹式呼吸なども対処方でもあります。
呼吸が安定することで血行もよくなっていきます。

 

 

【血液をつくる時間帯】
寝る時間帯も非常に重要で漢方では人間の体は夜11時から1時の間に陽陰が入れ替わるといわれ1時から3時くらいの間に血液が作り出されるといわれています。
したがってこの時間帯に寝ていないと血液が作られないので規則正しく睡眠を取ることが大事になります。
忙しくして不規則になりやすい場合は意識をして朝日を浴びるようにすれば体内の時計がリセットされ夜の睡眠に入りやすなります。

 

肋間神経痛で寝れないという場合、まずは生活習慣を見直すことで規則正しい生活のリズムを作ることが対処法です。
不規則な生活が原因で起こることが多い症状なので生活のリズムを作ることが大切になります。

スポンサーリンク