肋間神経痛 寝方 痛みが変わる

肋間神経痛の症状が寝方で痛みが変わる

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状が発症して痛みが断続的に続く場合、寝ている時の姿勢によって痛みが変わることがあります。
なかなか治らない痛みも寝方を少し変えることで痛みを軽減できる可能性はあります。

 

 

血行の悪さから症状が現れる】
肋間神経痛が発症する要因は様々にありますが、一つの要因として考えられるのが血行の悪さからくる痛みの発症です。
肋間神経痛は肋骨に沿って走っている神経が刺激を受けることで痛みが発症しますが、血行が悪くなって筋肉が固くなることで神経を圧迫することがあります。

 

血行を悪くして筋肉が固まる要因は生活習慣の積み重ねで悪くなることが多くあります。
同じ姿勢を長時間続けることが原因で肋間神経痛が発症することはよくあります。
この生活習慣に寝る時の姿勢も体に影響を与えていることも十分に考えられます。

 

 

【向きを変えることで痛みが変わる】
肋間神経痛の痛みが出るのはほとんどの場合、左右どちらか一方になります。
基本的には症状が出て痛みがある方を上にする寝方をすることで痛みが治まったり痛みが変わることがあります。
できるだけ痛みのある方には負荷をかけない寝方をすることで痛みが変わることもあります。
ただし痛みの現れ方は状況や人によってそれぞれなので寝方に関しては痛みを感じない自分にあった寝方を見つけることが早く痛みが変わることに繋がります。

 

スポンサーリンク

 

【寝る向きによる血行の状態】
人体の構造から見て人間の肝臓は右側にあります。
肝臓は臓器の中でも重量のある臓器なので右側を上にする寝方をすると肝臓の重みで他の内臓を圧迫することになります。
したがって心臓へ血液が流れにくくなると言われています。

 

横を向いて寝る場合、左を上にして右手は足の方に向け左手は頭の方に向けます。
足は左足を前に出して両足を重ねない寝方が血行がスムーズに流れると言われています。
血行がよくなることで痛みが変わることは十分に考えられます。

 

 

【睡眠でストレスを軽減】
肋間神経痛の要因にストレスが影響している場合が多くあります。
寝方ということを考えた時に寝る時間や寝る前の状況なども検討しリラックスした状態で睡眠をとることでストレスを軽減し痛みが変わることも考えられます。

 

肋間神経痛の症状に睡眠との関係も大きな影響があると言えます。
睡眠も生活習慣の重要な要素です。
寝る体勢や寝る方向を変えながら自分にあった寝方を見つけることで痛みが変わることもあります。

スポンサーリンク