肋間神経痛 症状 熱が出る

肋間神経痛の症状で熱が出ることはあるのか?

スポンサーリンク

肋間神経痛は肋骨に沿って走る神経が痛む症状を生じますが原因が不明な点が多くあります。
背中や胸、脇腹などに痛みを生じることが多くありますが激しい痛みとともに熱が出るということもよくあります。

 

 

【考えられる原因】
肋間神経痛が発症する原因は明確ではありませんがいくつか考えられえいる要因はあります。
よくあるのが姿勢の悪さから体の筋肉が固まって神経を圧迫することから痛みが生じたり、ストレスの影響で神経が刺激されたり、運動不足や疲労から免疫の低下が原因で神経に障害が起きたり、骨折やけが、内臓疾患などから神経を刺激して症状が発症します。

 

 

【初期段階での発熱】
肋間神経痛の症状の初期段階でよくあるのが熱が出る症状です。
特に高い熱が出ることがよくあります。
発熱の症状も様々に要因はありますがウィルスが原因で熱が出るということです。
特に帯状疱疹は激しい痛みと熱が出る症状が数週間続くことがあります。

 

スポンサーリンク

 

【ウィルスの影響】
帯状疱疹とはいわゆる水疱瘡のことで、肋間神経に沿って帯状に発疹や赤い水ぶくれ広がっていきます。
水疱瘡は幼少期に発症することが多いのですが一度発症して治ってもウィルスは体内に潜伏しているので免疫低下すると活動が活発化し神経の流れに沿って発症するようになります。

 

この時にウィルスが影響して熱が出るという状態になり、発熱と肋間神経痛の痛みが同時に起こることになるのです。
高い熱が出ると激しい倦怠感に襲われ全身にだるさを感じるようになります。

 

 

【インフルエンザの感染】
インフルエンザなどの感染症にかかると高い熱が出るようになり全身に痛みを感じることもあります。
この痛みの原因は関節痛が原因になっていて肋間神経痛の痛みとは異なる痛みです。

 

しかし肋間神経痛の発症の初期段階で痛みを発症しても感染症による関節痛の痛みと勘違いをして肋間神経痛と気づかないこともあります。
肋間神経痛の痛みは体の内側から起こるような痛みで痛みが強くなると関節痛との違いが明らかになってきます。

 

肋間神経痛の症状でも発熱することはよくあります。
特に感染症のウィルスによって熱が出ることが多いので、免疫力が低下しないように日々の生活を送ることが大切なことになります。

スポンサーリンク