20代 肋間神経痛 原因

20代で肋間神経痛になる原因とは何か?

スポンサーリンク

肋間神経痛にはどんな人がなるのかということを考えた時に比較的年齢層の高い人が多い思いがちですが、実際は20代でも肋間神経痛になる人も多くいます。
20代でも症状がでる原因は何でしょうか?

 

【若くても症状は起こる】
肋間神経痛は神経が障害を受けて痛みが生じる症状です。
神経に障害を受けると聞くと年齢層の高い人が神経が弱って痛みが生じるというようなイメージがあるかもしれませんが実は若い20代でも症状は十分に起こり得るのです。

 

 

【スマホやゲームにも要注意】
どんな人に症状が出やすいのかと言いますと、同じ姿勢が長時間続く人です。
特にデスクワークや立ちっぱなしの仕事をしている人、最近ではスマホやゲームを長時間下を向きながらしている人が多くいています。
同じ姿勢を続けることで筋肉が固まって痛みを引き起こします。
特に若い人に発症しやすい原因でもあります。

 

 

【無理をしない生活】
激しい運動をしている人も筋肉に負担がかかりすぎたり、肋骨の骨折や怪我が原因で肋間神経痛の症状が出るのも若い人に多くいます。
多忙で睡眠時間が少ない人も症状が出やすくなっています。
若いし体力があると思って無理をしてしまいがちですが疲れがたまると免疫力が低下するので帯状疱疹や感染症にかかりやすい原因となります。
20代といっても睡眠や休養はしっかりとる必要はあります。

 

スポンサーリンク

 

【ストレスの影響は大きい】
今はストレス社会でもありますからストレスを受けない人はほとんどいません。
ただ人によってはストレスの受け方感じ方は様々です。
特に20代の若い人は感受性も豊かな年代なのでストレスも感じやすくもあります。
また20代の若い人がストレスが原因で肋間神経痛を発症すると年齢層の高い人よりも回復に時間がかかる傾向もあります。

 

 

【食生活にも要注意】
食生活においても食べ過ぎ、特に甘いものの過度な食べ過ぎが原因で症状が出る人もいます。
生活習慣病にも気をつけなければなりません。
またよくあるのは咳やくしゃみをした瞬間に肋骨に痛みを感じるといった症状です。
その時は何かが肋骨に引っかかったように感じてそのまましばらく放置しているうちに痛みが増していくということも20代ではよくあることでもあります。

 

20代でも肋間神経痛を発症することはいくらでもあります。
発症する原因も特別なものはなく一般的に肋間神経痛が発症する要因とほとんど変わりません。
条件が揃えばいつでも発症するということを理解しておくことが大事です。

スポンサーリンク