肋間神経痛 症状 痛みが続く 注意点

肋間神経痛の症状で痛みが続く場合の注意点

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状は突然現れることが多いのですが痛みを感じる時間は比較的短めです。
しかし断続的に痛みが続く場合は注意が必要になります。

 

 

【日常の積み重ねが原因】
肋間神経痛は肋骨と肋骨の間を通っている肋間神経に障害が起こって痛みが生じます。
原因が不明な場合が多いのですが概ね日常生活の積み重ねが症状に現れます。
よくあるのが同じ姿勢を長時間続けることです。

 

長時間のデスクワークや立ち仕事など同じ姿勢でいることが長いと筋肉が固まりその筋肉が圧迫して神経を刺激します。
運動不足の場合も体が固くなり疲れが溜まって筋肉が固まることで神経を圧迫するようになります。
こういう場合は筋肉の固まりがなくなるまで痛みが続くことがあります。

 

 

【目安は2週間から1ヶ月】
痛みが出る期間は個人差がありますが概ね2週間から1ヶ月くらいが目安になります。
それ以上の期間が経っても痛みが改善されず痛みが続く場合の注意点は痛みの原因と対処法が合っていないということがあります。

 

スポンサーリンク

 

【よく似た病気に注意】
胸の周りに痛みを感じる症状も多くありますが、これも肋間神経痛の治療をしても改善が見られず痛みが続く場合の注意点は他の内臓疾患との関係です。
狭心症が軽度の場合肋間神経痛の症状と間違いやすく肋間神経痛の治療を続けていても気づかないうちに狭心症が悪化することがあります。

 

症状を正しく見分けることが大事で、痛みが続く時間が違うという点が注意点です。
その他気胸、脊髄カリエス、横隔膜ヘルニア、慢性閉塞性肺疾患、胸膜炎など肋間神経痛と似た症状が現れます。
あまり痛みが続く場合の注意点は痛みの感覚や発症している時間などに違いがあることを理解しておくことです。

 

 

【ストレス性の原因は慢性化の可能性も】
見える形での発症の原因ではなく精神的なストレスなどが原因になっている場合は、ストレスの感じ方や状況によって痛みや発症の程度も差があり、一過性の症状であることも多くあります。
しかしストレスなどが原因で発症する場合の注意点は痛みが続くことで慢性化する可能性があるということです。

 

ストレスが原因で起こる肋間神経痛の注意点は一律の対処法ではないというのです。
痛みが続くようであれば状況によって心療内科や精神科での診察を行い精神的な症状を緩和することにあります。

 

いずれにしても症状が現れた場合の対処法を間違わないことが注意点であり、痛みが続く要因を早く見極めることが大事になります。
そのためにも現状を正しく受け入れることが大事です。

スポンサーリンク