肋間神経痛 症状 腕の痛み

肋間神経痛の症状で腕の痛みを感じる原因

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状は突然体に痛みが現れます。
その場合の多くは背中から脇腹そして肋骨を通って胸からお腹にかけて痛みを感じます。
痛みを感じる場所は様々ですが中には腕に痛みや痺れを感じる人も少なくありません。

 

 

【肋間神経を刺激する痛み】
肋間神経痛の症状は背中から肋骨に向かって走っている神経が何らかの原因で刺激され痛みを発症します。
多いのは背中や肩甲骨、脇腹から肋骨に沿って胸そしてみぞおち辺りに痛みが現れる症状です。
神経全部に痛みを感じるというより刺されたような痛みを感じるので広い範囲で痛みを感じることはあまりありません。

 

 

【腕に感じる痛みの正体】
肩甲骨や脇の下または脇腹の辺りを走っている肋間神経に刺激が与えられることで腕の痛みや痺れ違和感を感じることもあります。
腕には直接肋間神経は走っていませんが肩甲骨や脇腹あたりの肋間神経の痛みが腕の方まで痛みや痺れを感じさせているということはよくあることです。
したがって肋間神経痛の症状によくある刺されたようなチクチクする痛みや痺れを腕にも感じるようであれば肋間神経痛が考えられます。

 

スポンサーリンク

 

【腕の痛みが出る原発性の要因】
肋間神経痛で腕の痛みを感じる要因は同じ態勢を続けたり、体の歪みや運動不足さらにはストレスなどの原発性の要因があります。
腕の痛みの症状が発症するのは利き腕側、よく使う腕の側、痛みが出る前に酷使した腕の側に痛みや痺れが出る症状が多くあります。

 

 

【腕の痛みが出る続発性の要因】
続発性の要因としては骨髄の腫瘍や帯状疱疹などに感染することで神経が刺激され腕の痛みや痺れ、違和感を感じるという形で発症することもあります。
酷い場合は咳やくしゃみ、深呼吸をしただけでも腕の痛みを感じることもあります。

 

 

【要注意の病気】
肋間神経痛の症状で痛みを感じるのはほとんど数秒から数分で治り時間は比較的短いのが特徴です。
ただ断続的に繰り返して何度も痛みが発症することは多くあります。
この時肋間神経痛と思って治療をしていても全く改善が見られないということもあります。
その場合は違う病気が発症している可能性があります。

 

肋間神経痛の痛みと似たような痛みを生じる病気が狭心症や胸膜炎などであることも知っておく必要があります。
刺されたようなチクチクする痛みや痺れを腕に感じた時は肋間神経痛が考えられますが痛みが長く続いて治療での改善があまり見られない時は一度違う病気を疑ってみて診察を受けることも頭に入れておくことが大事です。

スポンサーリンク