肋間神経痛 治し方 温める 効果あり

肋間神経痛の治し方に体を温める方法に効果あり

スポンサーリンク

肋間神経痛はストレスが要因で血行が悪くなり痛みを引き起こすことがあります。
このような肋間神経痛の治し方として温める場合と冷やす場合がありますが温める治し方に効果ありの場合が多くあります。

 

 

【血行が悪くなるのが原因】
肋間神経痛は原因が特定しにくい症状です。
しかし多くの場合体や筋肉が硬くなることで神経を圧迫して痛みが発症することがあります。
こうなると血行が悪くなることで痛みが生じるのでまずは体をほぐして対処したほうが効果ありの方法となります。
治し方としては温めると言う考え方が比較的効果ありの方法です。

 

 

【汗を流して代謝をよくする】
肋間神経痛の症状は体が冷えやすい冬に発症することが多いので温める治し方が効果ありとなります。
一番ポピュラーなのは入浴をして体を温める治し方です。
極端に熱い温度で入浴する必要はなく時間をかけてしっかりと体を温める方が血行がよくなります。

 

体が硬くなる要因には同じ姿勢で仕事をしたり運動不足になることで体が硬くなることがよくあります。
適度な運動やストレッチなどで汗を流すことで新陳代謝もよくなり血行促進へと繋がるので効果ありの方法です。

 

スポンサーリンク

 

【ヨガ、体幹トレーニングも効果的】
ヨガなどは体を柔らかくするだけでなく呼吸の仕方もヨガには大事な要素になるので呼吸を整えることで体のバランスもよくなり血行も改善されるので体を温める治し方としても効果ありの方法といえます。
体幹を鍛えるというトレーニングも流行っていますがこの体幹を鍛えることも肋間神経痛の治し方としても効果理の方法でもあります。

 

 

【呼吸を整える】
肋間神経痛で体が硬くなるということは筋肉が緊張状態にあることが多くあります。
緊張状態にあると呼吸の間隔は短くなって体内や血液の酸素が不足して血行が悪くなるということになります。
この場合、腹式呼吸などで深く呼吸をすることで体の緊張を解くことができ、血行の改善もされていくので結果的に体を温めることにもなり呼吸もゆっくりと整えることができます。
特に体を動かさなくても呼吸を整えるだけでも効果ありの治し方になります。

 

 

肋間神経痛は体が冷えることで発症することが多いのでまずは体を温める治し方で対処して体の緊張をほぐすことが効果ありの方法になります。
まずは無理なく改善できるところから始めてみることです。

スポンサーリンク