肋間神経痛 症状 朝方 痛みが激しい

肋間神経痛の痛みが激しい症状が朝方に出る理由

スポンサーリンク

肋間神経痛が朝方に突然胸や脇腹に痛みを感じる症状が起きることがあります。
突然のことなので驚く方も多く色々と心配になるのですが症状が出るということは何らかのきっかけがあります。

 

 

【神経を圧迫することで痛みが生じる】
肋間神経痛は背中から肋骨に向かって走っている肋間神経が何らかの障害を受けて起こる痛みです。
以前に肋骨を痛めたとか帯状疱疹が発症したなどの外因的なものがある続発性の場合とストレスや明確な出来事がわからない原発性のものとの2つの要因が考えられますがいづれにしても多いのが神経を圧迫することで痛みが激しい症状がでるということです。

 

 

【日常生活の影響】
病気や怪我外因性のものから肋間神経痛の症状が出た場合は痛みの原因がある程度わかるので反対に肋間神経痛と思わないこともあります。
肋間神経痛の症状がでる原因に筋肉の緊張によって神経が圧迫されるという場合があります。
ストレスなどを強く感じて精神的に緊張状態が続くと体の筋肉も緊張して硬くなっていきます。
パソコンなどを使って座ったまま仕事をしたり、スマホやゲームを長時間同じ姿勢ですることで筋肉が固まって神経を圧迫して痛みを発症します。

 

 

スポンサーリンク

 

【朝の寝起きに要注意】
痛みが激しい症状が朝方に現れるのはこういった日常生活の積み重ねの中が原因で痛みが激しい状態を生み出していきます。
さらに寝ているときの姿勢も影響することもあり胸や肩に負担のかかる姿勢で寝ていると朝方に痛みの激しい症状が現れることもあります。
ただしこの場合は寝ているときの姿勢だけではなくそれまでの生活での姿勢が影響を与えていることが多くあります。

 

 

【寒くなると現れる肋間神経痛も多い】
季節が変わり気温が低くなることで体の筋肉が硬くなることがあり、冷え性や肩こりなどで痛みが激しい症状が特に朝方にでる人も多くいます。
夏場などの暑い季節には全くなかった痛みも冬になると特に朝方の寝起きのときに痛みの激しい状況になることがあります。
朝方は寝ている状態から急に体に力を入れる瞬間でもあるので痛みが激しい場合は無理をせずしばらくは痛みが治るまで安静にすることです。

 

朝方に痛みが激しい症状がでる場合、肋間神経痛の可能性は非常に高いと考えられます。
まずは体を落ち着かせることと体の緊張をほぐすことを意識することで痛みが激しい状態を軽減することができます。

スポンサーリンク