肋間神経痛 症状 場所が変わる

肋間神経痛の症状が出る場所が変わるのはなぜか?

スポンサーリンク

肋間神経痛は背骨から肋骨に沿って走る神経に何らかの障害が起きて痛みが生じる症状で厳密に言うと病名ではありません。
肋間神経痛の症状が生じる場所は特定されて場所はなく状況によって痛みを感じる場所は変わります。

 

 

【肋間神経痛の症状と原因】
肋間神経痛は胸髄(背骨の中を通る脊髄)から出て12対の肋骨に沿っている神経が何らかの原因で障害されて生じる突発性の痛みです。
刺されるようなチクチクする痛みや時には激痛を生じます。

 

発生のメカニズムは未だ解明されておらず検査ではっきりと見ることができる異常が認められない場合が多くあります。
今のところ言われている原因は生活習慣での悪い姿勢や運動不足による神経の圧迫、事故や怪我の後遺症、ストレスなどの心理的要因などが原因と言われています。

 

 

【肋間神経痛の症状が出る場所】
一般的に肋間神経痛が現れる場所は肋骨の周りから胸、背中、脇腹、肩、腰、みぞおちなどです。
その中で一番多い場所は肋骨や胸の周りです。
12本の胸椎のうち上から5?9番目の胸椎に肋間神経痛の症状が出やすく、左右のうち左側に痛みが出ることが多いと言われています。

 

肋間神経は背骨から背中を通って肋骨に向かっているのでその途中の背中や脇腹で神経を圧迫する何らかの障害が起こると痛みが発生します。

 

スポンサーリンク

 

【同じ姿勢や負担をかけすぎることも原因】
同じ姿勢で仕事をしたり、デスクワークで下を向く時間が長いと腰や肩の筋肉が固まってきます。
そこから急な動きや姿勢を変えるときに神経を圧迫して肋間神経痛が現れることもあります。
また妊娠してお腹が大きくなって肩や腰に負担がかかることで神経を圧迫して痛み生じることもあります。

 

 

【発症する場所が変わる要因】
症状は様々な場所に発症しますが痛みを感じる場所は通常1カ所ずつです。
しかし、痛みを感じる場所が変わると言うことは決して珍しいことではありません。
痛みを感じる場所が変わるのは実はすでに複数の場所で発症していて、その時の状況や姿勢によって神経を圧迫を受ける場所が変わるので痛みを感じる場所が変わるようになるのです。

 

露艦神経痛の症状で痛みを感じる場所が変わるように感じるのはすでに複数の場所で発症している肋間神経痛の症状が発症していて最初に痛みを感じたところと違うところで痛みを感じたので場所が変わるように感じるのです。

スポンサーリンク