肋間神経痛 原因 病状 対処法

肋間神経痛が原因の病状、対処法

スポンサーリンク

 

【肋間神経痛の症状と原因】
肋間神経痛は背骨から肋骨に沿って走る神経に何らかの障害が起きて痛みが生じる症状で厳密に言うと病名ではありません。
肋間神経痛が原因の病状が生じる場所は特定されて場所はなく状況によって痛みを感じる場所は変わります。
肋間神経痛は胸髄(背骨の中を通る脊髄)から出て12対の肋骨に沿っている神経が何らかの原因で障害されて生じる突発性の痛みです。
刺されるようなチクチクする痛みや時には、肋間神経痛が原因の病状として激痛を生じます。
発生のメカニズムは未だ解明されておらず検査ではっきりと見ることができる異常が認められない場合が多くあります。
今のところ言われている原因は生活習慣での悪い姿勢や運動不足による神経の圧迫、事故や怪我の後遺症、ストレスなどの心理的要因などが肋間神経痛が原因の病状となると言われています。

 

 

【肋間神経痛の症状が出る場所】
一般的に肋間神経痛が原因の病状が現れる場所は肋骨の周りから胸、背中、脇腹、肩、腰、みぞおちなどです。
その中で一番多い場所は肋骨や胸の周りです。
12本の胸椎のうち上から5?9番目の胸椎に肋間神経痛の症状が出やすく、左右のうち左側に痛みが出ることが多いと言われています。
肋間神経は背骨から背中を通って肋骨に向かっているのでその途中の背中や脇腹で神経を圧迫する何らかの障害が起こると肋間神経痛が原因の病状として、痛みが発生します。

 

 

【同じ姿勢や負担をかけすぎることも原因】
同じ姿勢で仕事をしたり、デスクワークで下を向く時間が長いと腰や肩の筋肉が固まってきます。
そこから急な動きや姿勢を変えるときに神経を圧迫して肋間神経痛が原因の病状が現れることもあります。
また妊娠してお腹が大きくなって肩や腰に負担がかかることで神経を圧迫して痛み生じることもあります。

 

 

【発症する場所が変わる要因】
肋間神経痛が原因の病状は様々な場所に発症しますが痛みを感じる場所は通常1カ所ずつです。
しかし、痛みを感じる場所が変わると言うことは決して珍しいことではありません。
肋間神経痛が原因の病状の痛みを感じる場所が変わるのは実はすでに複数の場所で発症していて、その時の状況や姿勢によって神経を圧迫を受ける場所が変わるので痛みを感じる場所が変わるようになるのです。

 

肋間神経痛が原因の病状で痛みを感じる場所が変わるように感じるのはすでに複数の場所で発症している肋間神経痛の症状が発症していて最初に痛みを感じたところと違うところで痛みを感じたので場所が変わるように感じるのです。

 

スポンサーリンク

 

【湿布の効果はあるのか?】
肋間神経痛の痛みで悩んでいる人は一瞬でも早くその痛みから解放されたいものです。
しかし肋間神経痛が原因の病状は特定が困難な症状ですが病院で肋間神経痛と診断されて処方されるほとんどが湿布薬です。
肋間神経痛は肋骨に沿って走っている神経が何らかの障害を受けて痛みが生じる症状です。
しかしその根本的な痛みの原因が解明されていません。
肋間神経痛と診断されても原因が特定できないので大概は肋間神経痛の対処法として、湿布を処方されます。
そしてその湿布の効果が出る人が少なくないという事実があります。

 

 

【痛みの原因との関係】
湿布を貼ることで気持ちが落ち着いて肋間神経痛の対処法として、湿布の効果が現れる人がいます。
また肋間神経痛の対処法として、ドラックストアで市販されている湿布でも効果が出る人もいれば処方された湿布でも市販の湿布でも効果のでない人もいます。
これは肋間神経痛の対処法が、湿布の効果と合っていないということになりますので別の処方が必要になります。

 

 

【湿布の種類】
湿布には冷湿布と温湿布の2種類がありますが、実は肋間神経痛の対処法として、この2種類の湿布の使い方を間違うと逆効果になり症状を悪化させることもあるので使い方をよく見極めることが大事になります。
肋間神経痛の対処法として、湿布の効果が考えられるのは筋肉の弛緩や炎症の鎮静化などの効果です。
炎症・鎮静などに効果を発揮するのが冷湿布で疼痛、関節痛、筋肉や筋がひきつる痛みなどに効果があるのが温湿布です。

 

 

【湿布の使い分け】
痛みが発症して肋間神経痛の対処法として、湿布を貼るわけですが患部に発熱や腫れがあり急性の炎症で痛みを発症している場合は炎症を鎮静化する冷湿布に効果があります。
また、体の冷えや筋肉の張りやコリからくる痛みの発症の場合は温湿布が効果的です。
これは結構の悪さが筋肉を硬直化させていることが多いので温湿布で血行をよくすることで神経の圧迫が弛緩され痛みが治まりやすくなります。

 

 

【湿布の貼り方】
冷湿布も温湿布も最初に1時間ほど貼ることで概ね痛みは治まります。
それでも治らない場合は湿布を一度は剥がして時間を空けてから貼り直して1時間ほど様子を見ます。
長時間の貼り過ぎには注意が必要で喘息の方や胃腸が極端に弱い方、妊婦の方は特に要注意です。

 

肋間神経痛の対処法として、湿布の効果は確かに期待できますが万能薬ではありません。
あくまでも鎮痛的な効果をもたらすだけなので湿布の効果だけに頼らず様々な対処方を考えておく必要はあります。

 

 

【神経を圧迫することで痛みが生じる】
肋間神経痛が朝方に突然胸や脇腹に痛みを感じる症状が起きることがあります。
突然のことなので驚く方も多く色々と心配になるのですが症状が出るということは何らかのきっかけがあります。
肋間神経痛は背中から肋骨に向かって走っている肋間神経が何らかの障害を受けて起こる痛みです。
以前に肋骨を痛めたとか帯状疱疹が発症したなどの外因的なものがある続発性の場合とストレスや明確な出来事がわからない原発性のものとの2つの要因が考えられますがいづれにしても多いのが神経を圧迫することで痛みが激しい症状がでるということです。

 

 

【日常生活の影響】
病気や怪我外因性のものから肋間神経痛の症状が出た場合は痛みの原因がある程度わかるので反対に肋間神経痛と思わないこともあります。
肋間神経痛の症状がでる原因に筋肉の緊張によって神経が圧迫されるという場合があります。
ストレスなどを強く感じて精神的に緊張状態が続くと体の筋肉も緊張して硬くなっていきます。
パソコンなどを使って座ったまま仕事をしたり、スマホやゲームを長時間同じ姿勢ですることで筋肉が固まって神経を圧迫して痛みを発症します。

 

 

【朝の寝起きに要注意】
痛みが激しい症状が朝方に現れるのはこういった日常生活の積み重ねの中が原因で痛みが激しい状態を生み出していきます。
さらに寝ているときの姿勢も影響することもあり胸や肩に負担のかかる姿勢で寝ていると朝方に痛みの激しい症状が現れることもあります。
ただしこの場合は寝ているときの姿勢だけではなくそれまでの生活での姿勢が影響を与えていることが多くあります。

 

 

【寒くなると現れる肋間神経痛も多い】
季節が変わり気温が低くなることで体の筋肉が硬くなることがあり、冷え性や肩こりなどで痛みが激しい症状が特に朝方にでる人も多くいます。
夏場などの暑い季節には全くなかった痛みも冬になると特に朝方の寝起きのときに痛みの激しい状況になることがあります。
朝方は寝ている状態から急に体に力を入れる瞬間でもあるので痛みが激しい場合は無理をせずしばらくは痛みが治るまで安静にすることです。

 

 

 

朝方に痛みが激しい症状がでる場合、肋間神経痛の可能性は非常に高いと考えられます。
まずは体を落ち着かせることと体の緊張をほぐすことを意識することで痛みが激しい状態を軽減することができます。

スポンサーリンク